会則

関西鰐陵同窓会 会則

H26年6月21日改訂版

【名称・事務局】

第1条 本会は鰐陵同窓会関西支部(略称・関西鰐陵同窓会)と称し、事務局を事務局長所在地に置く。本会の組織・運営及び目的等は、母校本部同窓会に準ずる。

【目的・事業】

第2条 本会は会員相互の連携・親睦を図ることを目的とし、次の事業を行う。

1)母校行事への協賛・支援 2)本部同窓会活動への参加と協賛・連携 3)西日本地域に在住する会員とのネットワークの形成と連携 4)その他本会の目的を達成するために必要な事業

【会員・客員】

第3条 次に掲げるものを本会々員および客員とする。

1)宮城県石巻中学校を卒業したもので、関西圏に在住するもの

2)宮城県石巻高等学校を卒業したもので、関西圏に在住するもの

3)宮城県石巻高等学校併設中学校を卒業したもので、関西圏に在住するもの

4)前各号の学校を終了または他に転出したもので、関西圏に在住し入会を希望して、本本会役員会の承諾を得たもの

5)上記1)から3)のもので、関西圏以西に居住し、希望するものを客員とする。

6)母校職員ならびに旧職員で、関西圏及び同以西に在住するものを客員とする。

【役 員】

第4条 本会に次の役員をおく。

会長 1名、 副会長 若干名、事務局長1名、運営委員 若干名、会計監査2名以内

【役員の選任】

第5条 役員は、役員選考委員会が会員中より選考・推挙し、総会(定期・臨時)において承認を

得る。

2.役員選考委員委員会の設置と委員の選出は、会長の委嘱によりおこなう。

【任 期】

第6条 役員の任期は2年とする。補欠によって就任した役員の任期は前任者の残任期間とする。

2.役員は、新役員が選出されるまでは、その任にあたるものとする。

【職 務】

第7条 会長は、本会を代表し会の運営を総理する。

2.副会長は、会長を補佐し、会長事故あるときはその代理をする。 3.事務局長は、会の事務を総括し、処理・執行する。

4.運営委員は、会務を処理・執行する。

5.会計監査は、本会の財政と会計執行を監査する。

6.役員は、役員会で本会の日常業務等を協議・議決し、適宜会務を分担し執行する。 7.鰐陵本部役員選出に係わる本会からの推薦については、会長が委嘱する。

2

【顧問】

第8条 顧問は、会長がこれを委囑する。

2.顧問は、会長の諮問あるときは、必要な助言・献策に応ずる。

【会 議】

第9条 会議は、総会、役員会、役員選考委員会とする。

2.総会は、毎年1回開催する。必要ある場合は、臨時にこれを開催することができる。

3.総会は、予算、決算、会則の改廃、行事その他、本会の運営に必要な事項を議決する。

4.役員会は会務の処理と、総会に提出する議案を審議する。

5.役員会は、総会の前に会長が招集し予算、決算、役員選考委員会の設置と選考委員の選出、会則の改廃、その他本会の運営に必要な事項を審議する。

6.緊急の場合は、役員会の議決をもって総会の議決に替えることができる。但し、その後、直近の総会に於い

て報告し承認を得る。

7.役員会は、本会則7条1~5の役員で構成される。

【会費・会計】

第10条 本会の運営経費等は、総会・交流会の際に徴収する事務経費の一部を以て充てる。

2.本会は有志・篤志者の寄付を受けることができる。また会則の目的に適う特別基金を設けることができる。

3.本会の会計年度は毎年4月1日に始まり翌年3月31日終了するものとする。

【付 則】

第11条 この会則に定めるほか、本会の運営上必要な細則・規定は、会則の定める条項及び趣旨を具体化する範囲で、役員会に諮って会長がこれを定めることができる。事務局運営要綱は、事務局が別途定め役員会の承認をうける。

2.本会則は平成24年6月16日より施行する。

【役員選考委員会の運営に係わる運営要綱】 平成26年6月21日

①役員選出のための推挙原案は、選考委員会において調整の上でとりまとめ、役員会に諮り、総会の承認を 得る。作成する選考資料等は、会員の要望がある時は、適切な範囲で公開するものとする。

②会則第4条に定める「若干名」の役職定数は、役員選考委員会が、本会の運営及び組織上の必要を踏まえ

て決めることができる。 ③役員選考委員会は、会員から選挙管理委員を委嘱することができる。選挙管理事務は、役員選考委員会と 選挙管理委員が協力して当たる。

以 上

ダウンロード
会則26年6月21日改訂
kaisoku-kakuteiban-140621.pdf
PDFファイル 170.1 KB